申し込み方法

金融業者へ融資を申し込む手順

借り入れ先も決まりいざ融資の申し込みをするにあたっては、申し込み方法にも何種類があります。スマホや自宅にネット環境があればwebサイトから簡単に申し込みが出来ますが、中小規模の金融業者はそういったweb申し込みには対応していないので、直接店舗窓口へ出向いての契約ということになります。

また、直接店舗へ出向くのに抵抗があるのなら、無人契約機という手段もあります。これも中堅業者の一部でしか対応していないのが現状ですが、どうしても窓口審査をするのが嫌であれば、無人契約機を探す以外に方法はないでしょう。

web申し込み

一昔前はネットからの申し込みなど考えもしなかったものですが、現在ではweb申し込みが主流となっています。何よりも簡単でスピーディーで誰の目も気にせずに申し込めますし、規定の審査を通過すれば即日融資も可能です。

また、以前はいくらweb申し込みであっても本人確認の電話や勤務先への在籍確認も実施されていましたが、現在ではweb完結審査といって一切の確認電話も省略して融資にたどり着けてしまいます。これは信用情報機関の個人データの精度の向上が起因しており、その個人データのみで融資の可否を決めてしまえるほど信用度が高いということになります。

無人契約機

90年代に爆発的にヒットしたのがアコムが開発した無人契約機です。その後、他の消費者金融も追随したことからその数は全国に網羅するようになっていきました。

無人契約機の最大のメリットはその名の通り無人の室内で機械を相手に契約が進められるということです。といっても、室内に設置されているカメラによって金融会社のモニタに映し出されて審査をする社員に一挙手一投足監視されているのが現実なのですが。しかし、店舗窓口で年下の社員に見下ろされながら審査をうける屈辱を思えば、はるかにましといえるでしょう。

そんな無人契約機ですが、2000年代に入ってネットの普及とともに衰退していったのは承知の事実で、web申し込みにその座を追われてしまったのが現実といえるでしょう。

郵送での申し込み

利用する人はごく少数と思われますが、郵送での申し込みにも消費者金融は対応しています。郵送を選択する理由として考えられるのは、秘匿性が保持されるのと誰の目にも触れないで済むという安心感であることは間違いないでしょう。クレジットカードの申し込みはたいてい郵送によるものが多いですが、消費者金融の融資に対して郵送で申し込もうとするのは異質と見なされて仕方ないと思います。

そもそも貸金業者を利用する人の大半は今すぐお金が必要だから申し込むのであって、郵送での申し込みであればどんなに早くても三日は要してしまうはずです。それでも郵送を選ぶからには、よほど忙しくて時間がないと思われてしまいます。

申し込み手順
8月 18, 2019 12.27.28